理解を得る

システム

高い情報リテラシーが必要になりつつある現代では、必ずしも全てのIT機器利用者に高いリテラシーがあるとは限りません。情報セキュリティの対策が毎日の用に危惧されているにも関わらず、社内のサーバーの管理を怠ったり、PCパスワードの露呈、またシステムに侵入できるルートを自ら作り出している状況もあります。情報リテラシーを学ぶ機会は現状日本の教育課程には無く、世界各国よりも大きく遅れていると言われています。そのため年齢層に応じてリテラシーの理解度は異なり、年齢が高くなりITネイティブ世代ではなくなるに連れリテラシーのリの字も知らない方も存在してきます。しかし常に巧妙な攻撃が登場している中ではセキュリティインシデントを直前で食い止めるSIEMなどのシステムの導入は待ったなしで、企業にとっては生命線を繋げる大切なものと言えます。しかしSIEMは高度なシステムで構成されており、簡単に導入できるものではありません。またSIEMの特性上導入すれば常に同一ネットワーク内の情報データを収集しログすることになり、社内での理解も必要になります。SIEMが一般的に知られ導入する企業も多くなりつつある現場でも、まだ導入を見送っている理由に上層部の理解が得られないという理由があります。SIEMが如何にセキュリティ対策に大切なのかはセキュリティに精通し、情報攻撃の現状を知れば理解できます。しかし皆が皆セキュリティを意識して生活しているとは限りません。また年代によっても大きく情報リテラシーの理解に差があります。そのため単にセキュリティ対策に必要としても理解が得られることはないでしょう。大切なのは攻撃被害に合った場合に生じる損害と、この攻撃がどのレベルで身近なのかを伝える必要があります。今や企業だけではなく個人に対しても攻撃が行われる世の中です。SIEM導入をするためには社内全体でのセキュリティリテラシーの向上が必要となってくるでしょう。

情報リテラシーを考える

システム

情報セキュリティ対策が叫ばれている現代ではセキュリティ対策を行なうことは利用者の責任であり、企業においては当たり前の対策です。SIEMなどもその対策の1つで、非常に高度なセキュリティレベルを維持できます。

Read More...

不注意を無くす

システム

SIEMはセキュリティ情報を集める機能に特化しており、様々な情報を集め比較し、攻撃や不審な動きを早期発見し人に情報を提供する事ができます。単にログだけを行なうものではなく、セキュリティ対策における重要なシステムです。

Read More...

いつ不審に気づくか

システム

セキュリティ対策において気付きに遅れる事が意味するものはセキュリティ対策の不備です。気づかないを防ぐためにはSIEMなどの統合管理システムを導入するべきで、人が分かりやすい形でセキュリティ危機を伝えます。

Read More...